BOTAFES ボタフェス

GALLERY過去アーカイブ

2019

BOTAFES’192019.11/09 SAT 11/10 SUN

ビジュアルデザイン: 北窓優太

アフタームービー制作: 平井友之 / 映像制作ジョイント 音楽: ひろたうた

『BOTAFES』初開催音楽やアートをはじめ暮らしを彩る様々なカルチャーが集結。田舎の風景を一変させたフェス。来場者数 5,000名以上。

池⽥市制施⾏80周年の記念イベントとして、地域住民と有志たちによるチームで企画した植物テーマのフェスティバルが誕生。廃校となり、静かな田舎の風景の一部となっていたグラウンドに子どもたちの声が響きわたりました。

植物をテーマに池田市内外から、植物・フード・マーケット・ワークショップのブース33店舗、音楽・パフォーマンスアーティスト11組が集結。ライブペイントではプロクリエイター4名・大阪デザイナー専門学校の学生5名が、地元ほそごう学園の子どもたち総勢57名と巨大な作品を完成させました。

また、そら植物園代表の西畠清順氏とキングコングの西野亮廣氏によるシンボルプラントや、地元植木のプロ集団『細河植木塾22』によるガーデンアートが会場を沸かせました。来場者数は駐車・駐輪場調べだけでも2日間で5,000名以上、徒歩・バスを含め多くの方々にご来場いただきました。

PHOTO

PRODUCT

Symbol Plantシンボルプラント

そら植物園 代表 西畠清順 × キングコング 西野亮廣 両氏によるシンボルプラントが出現!

細河に拠点を持つそら植物園 代表の西畠氏と、隣町である川西市出身のキングコング西野氏がタッグを組んだシンボルプラント企画。西野氏の絵本『チックタック 約束の時計台』の時計台をクラウドファンディングにより再現。クラウドファンディング参加者とプラントハンティングや苗植えなどを行い、一緒に作り上げた巨大な植物アート作品が公開されました。

Special Thanks: そら植物園 西野亮廣エンタメ研究所


Garden Areaガーデンエリア

細河の技を集結させた巨大な植物アート作品!

細河地域の植木生産者でなるプロ集団『細河植木塾22』が手がけた軽トラガーデンアート。通常の軽トラガーデンの枠を超え、荷台から大きく溢れ出した森の大地からツリーハウスがそびえ立つという、想像力豊かな作品が会場を沸かせ、従来の植木産業の枠を超えたBOTAFESならではの表現が、植木=アートを強く印象づけるものとなりました。

制作: 細河植木塾22


Stage Designステージデザイン

職人の技がひかる、庭づくり技術でつくられたステージ

これぞ細河の技! 昔ながらの石造りで組まれたステージに溶岩石や様々な植物をレイアウト、ステージ背景には池田を拠点に活躍するアーティスト needle_chadahさんの植物素材でつくられた作品を展示、観客席まで続く芝のガーデンには自然と子どもたちが集い人びとが憩う唯一無二の最高に素敵な空間となりました。

ステージデザイン: 尚古圜(株) 植木レイアウト: (株)森芳楽園 背景作品: needle_chadah

STAGE

植物空間を演出する、多種多様なアーティストたち

植物空間にぴったりの音楽や、植物をテーマにしたパフォーマンスなど、様々な切り口からアーティストが集結。地元池田で活躍するアーティストも加わり、植物空間にあたたかい音色が響きわたりました。

[出演]

  • ひろたうた
  • the caves×SHU
  • YMB
  • 項シラハタショウコ
  • TwIn HaTs
  • ウミネコ楽団
  • れいじーぴっかーず

ー ARTIST of IKEDA ー

  • 太鼓集団 疾風
  • BLACK
  • 中山拓人
  • 有咲りん

PA: (一社)GREENJAM アーティストブッキング協力: 伊丹オトラク

ART & KIDS

プロのイラストレーター×専門学生×地元の子どもたちによるライブペイント

子どもたちにえがくことのよろこび・想像することの楽しさを知って欲しい。地元の子どもたちが、第一線で活躍する絵描きやその卵たちとふれあい、一緒にひとつの作品を描くライブペイントを行いました。DAY1は3年生50名による森の誕生、DAY2には美術部の7・8年生と絵描きたちがその森をより美しく生命溢れる姿へと仕上げました。

プロの技にふれ、ご提供いただいた工事中壁面という巨大なキャンバスに自由にのびのびと絵を描いたこの体験は、子どもたちにとって生涯に残る記憶の宝物になったことと願います。

[アーティスト]

  • KOSUKE MIYAGI
  • 杉浦由紀
  • なかみねふう
  • 井口舞子
  • 大阪デザイナー専門学校イラストレーション学科学生
  • ほそごう学園の子どもたち

BOOTH

暮らしを取り巻く様々なカルチャーが、植物由来をコンセプトに集結

植物・フード・マーケット・ワークショップの4カテゴリーからなるブース。植物をテーマにした料理や植物素材の商品、植物モチーフの雑貨やワークショップなど、わたしたちの暮らしを取り巻く様々なカルチャーが、植物由来をコンセプトに集いました。


Plant Booth植物ブース

  • Sora to Tane(宙と種)
  • Jyudy’s 養庄園
  • アルボ(片山造園)
  • 岡崎仙花園
  • 緑向ガーデン

Food Boothフードブース

  • café minatuki
  • DONUTS DEPT
  • クロスロードカフェ
  • Da Kitchen HAWAIKI
  • RJ COFFEE ROASTERS
  • みつか坊主
  • 阪大農学部
  • こけこっこ食堂
  • Dear N’s kitchen
  • Makers+

Market Boothマーケットブース

  • タツタジャム
  • Shokuの店
  • 石鹸屋りーふ
  • ケイズチャツネ
  • deer garden
  • PECHKA
  • 菓匠
  • 光楽堂 光國
  • ZUVALANGA
  • 正東貿易
  • マナノワ
  • GULIGULI
  • ウィリースタジオ
  • ほそごう学園
  • 三恵園

Workshopワークショップ

  • アルボ(片山造園)
  • 石鹸屋りーふ
  • かわにしmusic marche こどもは踊る
  • deer garden
  • PECHKA
  • マナノワ
  • ウィリースタジオ
  • 児童館
  • 緑向ガーデン
  • needle_chadah

SPONSOR

池田市制施行80周年記念イベント

主催: 細河活性化イベント実行委員会

協賛: (一社)GREENJAM (株)紙谷工務店 (株)ターレンスジャパン キリンビール(株) biotop 前鹿

協力: 大阪デザイナー専門学校  後援: 池田市 池田市教育委員会 (一財)いけだ市民文化振興財団

Special Thanks: そら植物園 西野亮廣エンタメ研究所

様々なカタチでお力を貸していただいた全ての皆さま

GALLERY過去のアーカイブ

2021

BOTAFES 2021

2020

BOTAFES ITAMI CITY JAM

2020

BOTAFES お花見プロジェクト

2019

BOTAFES 2019